Twitter

  • Twitter
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 借金対策 | トップページ | 連帯債務者 »

2017年1月31日 (火)

連帯債務者だった

昨日のブログで「何があっても一円も返さない。これで解決だ!」なんて書いているが、世の中はそんなに甘くない。
 
 
昨日の俺はなんて無知で間抜けな奴なんだ、と今の俺は思っている。金に絡む法律は貸す方に有利で、借りる方は徹底的に搾取されるしかない。
 
 
借りる奴が悪いんだ。嫌なら借りるなってことだろう。
 
 
俺は借金なんて一度もしたことがない。会社を経営していて大金持ちだった曽祖父が連帯保証人になったばかりに財産の全てを失い、親族も全員、住む家も職もなくなって無一文になったことがあり、借金は一切するな、保証人にはなるな、と子どもの頃から言われ続けてきたからだ。
 
 
連帯保証人は漠然と怖いなーと思っていた。今回、嫁が連帯保証人になったかもしれないとビビッていたが、実は連帯保証人よりもっとヤバイ「連帯債務者」だった。
 
 
結論から言えば自己破産は不可能。信用保証協会は好きな連帯債務者を自由に選んで、いつでも好きな時に請求できて、拒否権は一切無いという、とんでもない契約だ。
 
 
三ヶ月滞納すると一括請求ができる。嫁の母親はもう、返済する気は無いと言っている。もう、俺が債務を引き継いで月々の支払いをするか、無理やり脅してでも母親に払わせるしかない状態にあり、すでに二ヶ月分を滞納してリーチがかかっている。
 
 
とりあえず一カ月分を払うか、全額支払うか。ちなみに、嫁の実家は別の借金で競売(確定)準備中だ。こっちも売れなければ、こっちの借金も連帯債務者から請求される危険性がある。
 
 
嫁の母親が嘘ばかりついて本当のことを言わないので情報を集めるのが難しいが、競売にかかって公示期間を迎えれば正確な資料を裁判所で閲覧できる。全てはこの一ヶ月程の期間で片がつくだろう。最後は一体どうなるんだ?
 
 
もっと真剣に考えないといけない時が来たようだ。こんな時は頭が冴え渡る。何だか楽しくなってきたぞ。戦略を練ろう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ

« 借金対策 | トップページ | 連帯債務者 »

ブログ」カテゴリの記事

借金問題」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
お嫁様の、お母さんひどいですね。

私の親戚にも一人そのようなものがおりました。

きびしい債務者と交渉となるとおもわれますが、
ご健闘をお祈りしております

月並みですが、弁護士のようなものへもご相談おすすめします・・

コメントありがとう>通りすがり

今、一つ試してみたい作戦があるので、それが済んでから次に行くことにするよ。現在、必要な材料を仕込み中。信用保証協会に負けないぞ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2083252/69438642

この記事へのトラックバック一覧です: 連帯債務者だった:

« 借金対策 | トップページ | 連帯債務者 »